SPF値とPA値

紫外線対策では、多くの人が、日焼け止めの利用を考えるのではないでしょうか。


さて、一言で日焼け止めといっても、その効果はまちまちです。そしてその効果の目安となるものが、「SPF値」と「PA値」の2つ。


「SPF値」と「PA値」は、いずれも紫外線の防止効果を表わしたものです。そしてSPF値は「紫外線B波(UVB)」の、PA値は「紫外線A波(UVA)」の防止効果をあらわすものというわけです。しかしわたしたちにとっては、どちらも同じ紫外線。紫外線B波と紫外線A波のどちらかを選んで浴びるというわけにはいきません。よって、日焼け止めを探す際には、SPF値とPA値の双方が明確になっているものを選びたいものです。


SPF値とPA値、とはいえ、どちらも単純に「数値が高ければ高いほど良い商品」というわけでもありませんので、この点は誤解のないようにしていただきたいものです。

「SPF値」と「PA値」、一体どのように決められているのでしょうか。


「SPF値」は、シミやソバカス・皮膚ガンの原因となる「紫外線B波」の防御力を示す値である「Sun Protection Factor」の略称で、「何も塗らない素肌の状態と比べ、日焼けの始まるまでの時間を何倍まで延ばせるか」を、数字で示します。日焼けが始まるまでの時間は、何も塗らない状態で20分程度。よって、たとえばSPF値が30の日焼け止めなら、20×30=600分、つまり約10時間日焼けしないということになります(ただし個人差あり)。


「PA値」の方は、皮膚を黒くし、さらにシワやたるみの原因となる「紫外線A波」の防御力を示す「Protection Grade of UVA」の略称。PA値はSPF値とは違い、弱い順から「+」「++」「+++」の3段階で表示されます。特に真夏の一番日差しの強い時間帯に長時間屋外で活動するようなときは、「+++」がオススメです。


SPF値とPA値、高ければ紫外線防止効果も高い反面、お肌への負担も重くなります。よって、野外での滞在時間に合ったSPF値・PA値の日焼け止めを使うとよいでしょう。

カテゴリー: トリビア